結婚式の服装マナーこれで大丈夫?ストッキングの色って黒はダメ?

春と秋は結婚式のラッシュの時期ですね!カラーフォーマルな服装ってあまり着る機会がないので、マナー違反をしてうっかりNGファッションで出席してしまうと、思わぬヒンシュクをかってしまうことがあるので気を付けたいところです。

7647381170_a4awi426c53b
Photo Credit: ef-de via Compfight cc

実はストッキングの色にも決まりがあるってご存知でしたか?ビシっとフォーマルな服装を着こなせる人はカッコイイです!お呼ばれスタイルで知っておきたいマナーをご紹介します。

Sponsored Link


結婚式に出席する際の服装のマナー

パーティドレスを選ぶ女性

お葬式よりも結婚式のゲストが着ていく服装の方が、調べていくとけっこう決まりが多くて、「えっこれもダメなんだ!」と初めて知ることもあるかもしれません。

管理人もあんまり華やかなパーティーなど出席する機会があまりなかったので、お恥ずかしながら、ストッキングも黒タイツはNGというのは知りませんでした^^;。

でも素材や飾りによってはOKなものもあるようなので、詳しくご紹介いたします。

 

ドレス

プリンセスラインのコピー

 フォーマル=無地が基本です。ゲストとして華を添える気持ちを忘れずにドレスアップしましょう!

黒は無難な色ですが、お祝いの席なので明るい色の方が実は新郎新婦には喜ばれます!

皆黒を着て行ってしまうと暗くなってしまいますし、出来れば白以外のカラードレスで、花嫁さんと花婿さんを華やかに盛り立ててあげたいところですね!

アニマル柄、革物、素材ファーなどは殺生を連想させるのでNGです。着物などの織物柄以外は、サテン生地などの布生地で無地にしておいた方が無難です。

着丈は膝が少し隠れるくらいで、清楚なコーディネートがおすすめ。

Sponsored Link

 

ボレロ・ストール

ボレロを着る女性

フォーマルな席で肩を隠すのはマナーの一つ。特に昼間の時間は肌の露出は控えましょう!ボレロやストール、薄手のジャケットはあったほうが◎。

ドレスカラーがだった場合はボレロやストールを華やかめにしてみるといいですよ!白色は出来れば避けたいですが、透け感のあるものだったら真っ白には見えないのでOK!

季節感も大事なので、春夏は爽やかなもの、秋冬はシックな厚手のものを上着に持ってくるといいです。

 

ストッキング

ストッキング

正式なフォーマルスタイルだと基本はベージュ系になります。しかし、ドレスによって、黒を履いたほうがしっくりまとまるという場合もあるので、黒を履いても今は特に問題はありません。

しかし黒ストッキングはワンポイントが入ってるもの、ラメが入って光ってるものの方が良いです。

寒い季節でも黒タイツはお葬式などを連想させてしまうため、マナー違反です。網タイツや素足、柄が入ったストッキングもできれば避けたい所です。

今はそんなに厳密に周囲から注意されたりとかはないみたいですが、無難に肌色のストッキングにしておくといいかもしれませんね。

管理人はいつも伝線しにくい福助満足というストッキングの肌色を愛用していますが、結婚式で少し華やかに演出するならワンポイント入ったものをチョイスしても◎ですよ^^!

 

アクセサリー

パールのネックレスを付ける女性

パールが無難でおすすめです。ゴールドやダイヤなど光物のキラキラしたものだと、昼間の結婚式の場合に写真撮影をすると反射してしまうため、避けた方がいいです。

イヤリングやピアスもセットで付けるのがマナーですが、揺れるものは「家庭が揺れる」などの意味で結婚式では付けない方がいいとされています。しかし多分気にしてる人はそんなにいないと思われます ^^;。

時計はフォーマルな席では「時間を気にしている」と思われて失礼にあたってしまうそうなので、式が始まる前に外しておきましょう。付けるとすればブレスレットタイプが良いです。

靴は先のあいてないパンプスを

靴もフォーマルでパーティスタイルとなると、どれがいいのか迷ってしまいますが、オープントゥのパンプスやサンダルなどはフォーマルには相応しくないようです。

正式なフォーマルだと布製の靴がGOODですが、エナメルなど光物も夜ならOK。気を付けたいのがドレスも黒の場合、靴も黒だと喪服みたいなので、差し色としてサテン系のちょっと明るめのパンプスを選ぶといいかもしれません。

 

バッグ

バッグ

メインバッグは真っ黒のものを避けて、少し華やかさがプラスされたゴールドやシルバーなど、ワンピースの色に合う色のものをチョイスしましょう!

結婚式の時は荷物を持って移動することも多く、写真にも写るので、がさばる大きいバッグは避けましょう。荷物が多くなる場合はサブバッグを用意し、預かってもらうと良いです。

白は花嫁さんの色ですが、バッグや靴など、小物だったら持っていても大丈夫です。

管理人はこちら↓のサブバッグを購入して持って行きましたが、お値段の割にしっかりしてるし、カメラなども入って、一つ持っていると何かと便利でしたd(⌒o⌒)

 

ふくさ

ふくさ

ご祝儀袋をそのままバッグに入れると角が折れたり汚れてしまうことがあるため、ふくさまたはハンカチに包みます。色は紫か暖色にしておくとOK!

最近は100円ショップでもふくさを売っているので、便利です。

 

当日持っておくと安心なもの

招待状…時間や場所など記載されているので、持ってないと大変!新郎新婦は準備で大忙しなので、遅れたり連絡とったりだと式の進行に超迷惑がかかってしまいます。

ハンカチ・ティッシュ…涙もろい人は2枚くらい用意しておきましょう!白か淡いピンクで刺繍が入った華やかなものを。ティッシュはお化粧直しにも使えます。

化粧ポーチなどの小物入れ…お財布も小さいポーチなどに入れるとガサばらなくて安心です。

ストッキングの予備・絆創膏…当日は履きなれない靴を履くので、電線や靴擦れなど、思わぬアクシデントにも柔軟に対応できるアイテム。

 

まとめ

結婚式のゲストのマナーって、調べてみると細かいところまで沢山あるんですね(ノ゚ω゚)ノ*!お恥ずかしながらイヤリングまでキチンと決まりがあったことは知りませんでした。。。(´ω`)

しかし事前にきっちりマナーをわきまえておけば、いざという時にしっかりフォーマルスタイルが着こなせますね!

式を執り行う新郎新婦からすれば、出席してくれただけでありがたいですが、招かれたゲストとして、しっかり応えてお祝いしたいですね!

あわせて読みたい記事
結婚式用のワンピース!30代の春コーデ選ぶならどれ?

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA