消化に良い食べ物ってなに?胃腸炎でもやさしい食材とは!

ストレスや過労、暴飲暴食などの不摂生などで、免疫力の低下や胃腸に負担のかかる食生活を繰り返していると胃腸炎を起こしてしまうことがあります。

おかゆ

病み上がりの時なども、胃腸の働きが弱っているので、消化に負担のかかる油の多い料理、味付けが辛い、甘い、濃いなどの料理も避けた方がいいです。

今回は、胃腸炎のときでも胃腸にやさしい食材をご紹介します!

Sponsored Link


消化のよい食べ物ってなに?!

胃が笑う

消化に良い食べ物とは

  • 柔らかく煮る
  • 温かい料理
  • 消化に負担のかかる食材を使わない
  • 小分けに食べる

がポイントです!

まず、胃腸の働きを高めるには、温かい料理が有効です。なので、野菜も生野菜ではなく、煮るなどして柔らかくしたものが良いです。

脂肪の多い肉類なども、胃でタンパク質が分解するため、消化に負担がかかってしまいます。出来ればささみなどの脂肪の少ない鶏肉がオススメです。

それから、一度に多くの量の食べ物が胃に入ると負担が多くなってしまうため、少しずつ6回位に分けて食べるのがいいそうですよ!

それでは、消化の良い食べ物達をご紹介します。

 

 

うどんやそば、おかゆ

うどん

胃腸が弱っているときは、

  • 柔らかく煮たうどん
  • そば
  • おかゆ
  • 白食パン(トーストなど)

などが一番消化に良いです。炭水化物で、エネルギーにもすぐに変わるので、胃腸の弱ったときのお助け食として、有効です。
うどんとそばについては↓こちらにも詳しく書いてあります。
うどんとそば、消化に良いのはどっち?気になる成分も一緒に比較!
また、

  • 玄米
  • シリアル

などは食物繊維が硬くて多いので、消化に負担がかかってしまいますので要注意。

 

 

野菜

野菜

食物繊維が多く含まれている野菜は消化が良さそうなイメージがありますが、食物繊維には、

  • 水に溶ける水溶性食物繊維
  • 溶けない不溶性食物繊維

の2種類があり、不溶性食物繊維の多いゴボウや大豆、とうもろこしなど固い歯ごたえのもの、キノコ類、こんにゃく、海藻も、下痢を起こしやすく消化に悪いです。

 

水溶性食物繊維が多く、消化にいいのは、

  • 大根
  • キャベツ
  • ほうれん草
  • かぼちゃ
  • じゃがいも
  • 里芋

などなど。これらの野菜を柔らかく煮るととても消化にいいです。栄養も豊富なので、おかゆやうどんに入れて一緒に煮込んで食べると効果がありますよ。

キャベツに含まれているビタミンUは、胃腸薬にも使われている位の優秀な栄養素で、胃腸の粘膜を保護してくれる機能があります。

また、消化酵素のアミラーゼといって、唾液の中にも含まれているデンプンなどの糖分を分解する酵素が多く含まれている食品は、消化を助ける働きをしてくれますので、一緒に摂るのも有効です。

  • 大根
  • 長芋
  • 人参
  • 小松菜
  • キュウリ

などに多く含まれています。この消化酵素は加熱に弱いので、大根や人参、長芋などはすりおろして、副菜といっしょに食べると効果的です。

 

 

 タンパク質

タンパク質

血や肉を作るタンパク質は栄養源として欠かせません。体が弱っている時は無理に食べなくても大丈夫ですが、少し回復してきたら、徐々にタンパク源も摂るようにしたいですね。消化に良いタンパク質の食材は

  • 豆腐
  • 鶏肉…ムネ肉やササミなどの脂肪が少ないもの
  • 脂身の少ない白身魚など…アジ、タラ、カレイ、鯛など

などなど。

 

 

果物

りんご

消化に良いのは

  • りんご
  • バナナ
  • モモ缶などの缶詰
  • ジャム

などです。

一日一個のりんごは医者を遠ざける

なんていうイギリスのことわざにもあるように、水溶性食物繊維も豊富な上に免疫力も高め、抗酸化作用も強いので、体にとても優しい食材です。胃腸が弱っていてなにも食べられないなんていう時には、すりおろしたりんごを摂るといいですよ。

逆に酸性で酸味が強く、胃に負担がかかりやすい

  • ミカン
  • グレープフルーツ
  • オレンジなどの柑橘系
  • キウイ
  • パイナップル

は、 NG!です。スイカなど、水分が多くて体を冷やしてしまう物もよくありません。

その他詳細についてはこちら↓の記事をご覧ください。

果物で消化に良いものはどれ?食べるタイミングも重要だった!

 

 

ヨーグルト、ゼリーやプリンなど

ヨーグルト

胃炎がひどい時は、胃酸が多くでて、炎症を起こしているので、冷却鎮静効果があって、胃酸の出過ぎを薄めてくれる

  • ヨーグルト
  • ゼリー
  • プリン
  • アイスクリーム
  • ミルクセーキ

も緊急の栄養補給源として有効です。ヨーグルトには胃の粘膜を保護する働きがあり、胃酸も抑えてくれます。更には腸内環境も改善してくれる善玉菌も豊富なので、手軽にタンパク質も取れる優秀な食材です。

ただ、無理して食べるのもよくありませんので、そんな時はゼリーやアイスなど、食べれそうなものから摂るようにしましょう。

Sponsored Link

 飲み物にも注意!

白湯

一番体にやさしいとされているのは白湯(さゆ)です。15分くらい弱火で沸騰させたお湯を冷ましたぬるま湯のことで、沸騰させることで、殺菌、温かいうちに飲むことで、内臓を温め、新陳代謝も上げてくれます。

病気で体が弱っている時、薬を飲む時、新生児にも水分補給として使われています。

逆に

  • 炭酸飲料
  • コーヒー
  • ジュース

などは、糖分が多く入っていたり、胃腸に刺激が強いので、避けましょう!

飲み物の消化についてはこちら↓にも詳しく書いてあります。

食事中の飲み物は消化を助ける?どれを飲むのが一番いいの?

 

普段から消化にいい食生活を心がけよう!

胃腸に負担のかかる食生活を続けていくと、胃腸炎だけでなく、便秘や大腸がんなど、様々な病気の要因になってしまいますので、出来れば日常から消化サイクルが正常になる食生活を気をつけていきたい所です。

例えば、果物には独自の消化酵素があり、食べると

わずか30分程度で胃をスルー

してしまう非常に消化が早い食べ物だそう。しかし、他の食べ物を食べた後だと、果物が胃に停滞してしまい、発酵して消化を悪くしてしまいます。

なので、食べ物にも色々消化にかかる時間や、消化のしやすさなどがあるので、食べる順番にも気を付けたいところです。

理想は

果物〜野菜〜炭水化物〜タンパク質

の順番に、食事の時は小学校の時に習った三角食べを基本にして食べると消化しやすくなりますよ!

三大栄養素の消化の仕組みを分かりやすく面白可笑しく動画でご紹介してくれてます(笑)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

人間の内臓は思っている以上に毎日重労働しています。その活動量はフルマラソンと同じ1600カロリーに匹敵するそうで、摂取エネルギーの7割も費やされています。

食べ物や栄養素もすごい大変な過程を経て、出口に到達しているので、何気ない消化活動も実は体にとってとても大変な事だったんです。

見えないからと、内臓を労ることを疎かにしがちですが、その積み重ねで、疲弊しきって病気になってしまうこともあります。

食べ物も立派な保険だと思って、食費をケチらずに違うものをケチって、体に優しい食生活を見なおして、みなさんも胃腸に負担のかけない食生活を送って下さいね!

 

合わせて読みたい記事
便秘はいつから出ないとなる?理想の腸内環境と便秘の原因とは?
便秘解消に効く食べ物ってどれ?おいしい食材でスッキリ快腸!
便秘の時はどんな食べ方をすれば治る?食べ過ぎ少な過ぎもNG!

Sponsored Link

4件のコメント

  • 介護人おだ

    そうですか。食事の取り方にも、効果的な順番があるんですね。明日から果物は最初に取ります。勉強になりました。ありがとうございました!

    • kamome

      コメント頂きましてありがとうございます^^!管理人のkamomeです。

      食事は順番や食べ方を意識して摂ると、だいぶ体への負担が変わってくるそうです。
      果物も摂り方を気をつけないと体内で発酵してガスが沢山出る原因になってしまったりもしますので、
      食べる順番を変えてみるのはオススメです!

      胃腸の健康維持のためにもなるべく負担のかからない食べ方を続けていきたいですね^^;!

  • mikan

    家族が胃腸炎にかかったので、少しでもからだに負担の少ない優しい食べ物を、と読ませていただきました。
    果物は最後にデザートで出していましたが、食べる順番で胃にかかる負担も違うことを知りました!!

    • kamome

      コメント頂きましてありがとうございます^^!管理人のkamomeです。
      私も胃を悪くしてしまった時は、ひたすら毎日うどんを食べていました…^^;。

      それから食べ方や食事の内容にも気を遣うようにしたら、
      だんだん胃腸の調子が良くなって行きましたよ!

      ご家族の方も早く快方に向かわれるといいですね!
      どうぞお大事になさって下さい。

1件のトラックバック

コメントを残す




CAPTCHA