ひたち海浜公園コキアの見頃2016は?見どころも一緒にご紹介!

秋の行楽日和に絶好のスポットといえば、茨城県はひたちなか市にある、国営ひたち海浜公園。赤く色づくコキアの絨毯はまるでファンタジーの世界に迷い込んでしまったかのように幻想的な風景を織り成します。

そしてコキアと色とりどりのコスモスが丘一面に広がるコラボレーションは、秋にしか見ることが出来ない風景なので、ぜひ見頃に訪れておきたいスポット!

コキアとコスモス

公園内はサイクリングや、バーベキューも出来たり、遊園地もあったりと、家族やカップル、友達同士で一日中楽しめてしまうひたち海浜公園。

今回は、コキアの見頃の他にも、オススメ穴場スポットも一緒にご紹介いたします!

Sponsored Link


コキアの見頃2016はいつ?

コキア2

ひたち海浜公園はコキアの群生の名所としても有名です。一年草なので、春に種を撒き、冬には枯れてしまいますが、夏の終わり頃から大きく成長し、緑色の丸っこい可愛らしい出で立ちになります。

色づき始めるのは9月の下旬から10月の上旬。 そして一番の見頃は例年だと

10月中旬を過ぎた頃

が一番紅葉がきれいに色づく時期のようです。

管理人も昨年2015年の10月25日に訪れましたが、コキアは若干茶色くなっているとろこもありましたが、真っ赤に紅葉していて、ちょうどコスモスも満開で見頃でしたよ!

例年9月の下旬、10月上旬くらいだとまだ色づき始めが多いみたいですので、おすすめはやはり10月の中頃からすこし下旬に入った頃でしょうか。

2016年の見頃は国営ひたち海浜公園の公式twitterfacebookなどで随時様子がアップされていますので、行く前にチェックしてみてください。

去年のコキアの様子です。10月12日の時点ではまだ緑色の所があり、もう一息という所でしょうか。


10月20日ごろには見頃になってますね!燃えるような赤が大地にとても映えています。


10月28日になってくると、だんだん茶色味が多くなってきて、見頃が終盤にさしかかっていますね。

コキアだけでなく、コスモスやそばの花、すすきもみはらしの丘で見ることができますので、沢山の秋の草花を楽しみながらお散歩してみてください。

コキアは丸っこくてとても可愛らしい出で立ちをしておりますが、別名ホウキギとも呼ばれ、その枯れた枝はホウキとしても使われ、秋になる実は食用や薬としても使われ古くから栽培されていた植物でした。

そして畑のキャビアとも言われているこのホウキギの実は、「とんぶり」と呼ばれ、利尿・強壮などの作用がある秋田の名産品です。

ひたち海浜公園のコキアは園芸品種で、観賞用に品種改良されたものだそう。まるで生き物が沢山集まってるようにも見えますね^^。

 

国営ひたち海浜公園の見所は?

開園時間:9時から17時(9月1日から10月31日)

入場料金:大人410円(15歳以上) 小人80円(小中学生)シルバー210円(65歳以上)

園内レンタルサイクル(3時間):大人 400円 小人 250円 アシスト付 600円

園内周遊シーサイドトレイン:1日周遊券500円

駐車場:西駐車場(2000台)・南駐車場(2000台)・海浜口駐車場(350台)

普通車510円 二輪車260円
駐車場までの案内MAP

公共交通機関:JR勝田駅から茨城交通バスで23分

団体料金・休園日・入場無料日もありますので、詳しくは公式HPでご確認ください。

コキアをメインで観にくなら「西口・翼のゲート」へ

徒歩所要時間ガイド

今年で25周年を迎えるひたち海浜公園は、開園面積は200ヘクタール、東京ドームに換算すると約42.7個分にも相当する広大な公園。

敷地内には遊園地やバーベキュー広場、BMXコースや陶芸棟など様々なレクリエイション施設があり、全部遊ぶにはとても1日では足りません。

事前に見る所を決めてから出かけるとスムーズですよ!

コキアをメインで見に行くなら西口の翼のゲートからだと約800mで「みはらしの丘」に徒歩だと約10分でたどり着けます。
みはらしの丘からの眺め
みはらしの丘

1日周遊券500円で園内の周遊トレインに乗ることが出来ます。一周は約40分。10箇所に停留所があるので、見たい所だけみて回れば早く廻れます。

管理人はレンタサイクルを借りました。こちらはゆっくりマイペースで廻るにはオススメです。混雑時には返却待ちになってしまうことがありますので、早めに行った方がよさそうです!

周遊バス
シーサイドトレイン

 

混雑具合や渋滞は?

管理人が行ったのはコキアもちょうど見頃の時期の日曜日だったので、公園近くの道路はすごい渋滞してました。ですので、土日などの混雑時期は早めの到着がオススメです。

管理人はお昼すぎくらいに到着しましたが、駐車場は混雑時期には臨時の駐車場も開場するそうですので、満車での入場待ちはありませんでした。

この時期は、迂回ルートが推奨されていましたので、こちらのルートから行くとスムーズに行けそうですね。

お弁当

お昼ご飯はレストランや、出店が沢山出ておりますが、やはりお昼時は行列ができていました。並ぶ時間が勿体無い!という方はお弁当を持参して行くといいですよ!

バーベキュースペースは予約が必要で、当日には予約ができないので予定が決まったら早めに予約しておいたほうが◎です。

 

帰りに立ち寄って帰りたい!おすすめスポット


地図のアイコンをクリックすると場所の詳細が出てきます。

水戸市やひたちなか市には見どころが沢山あって、周辺に来たら是非寄って行きたいスポットが満載です。時間があったら、ぜひ立ち寄って見て下さいね!

 

那珂湊おさかな市場・・・新鮮なお魚を使った海鮮丼などが食べられるお食事処や、海産物の販売店があります。

アクアワールド大洗水族館・・・かわいいラッコから変わったお魚まで沢山展示されています。10%割引になる前売り券は当日買ってもOK。

かねふくめんたいパーク大洗・・・ぴりっとウマいめんたいこ!のめんたいパークは出来立てめんたいこの販売のほか、ここでしか食べられないめんたいこおにぎりやめんたいソフトなどがあります。

かねふく大洗めんたいパーク

大洗マリンタワー・・・高さ55mの展望台からパノラマ景色が見渡せます。天気がいいと富士山が見えるかも?!

大洗リゾートアウトレット・・・9月1日から12月いっぱいは19時まで営業してます。夕方くらいまで遊覧船パイレーツも運行していますので、間に合ったら是非乗って行きたいですね!

※詳しくは各施設のHPでご確認ください。

その他ちょっと遠いですが、水戸市には「くれふしの里古墳公園」や「大串貝塚ふれあい公園」など、遺跡なども沢山ありますので興味のある方はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか^^。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。管理人は去年ひたち海浜公園には初めて訪れて見ましたが、また何回も行きたくなるくらいに楽しい公園でした!

本当に見どころも沢山ありますので、朝から1日行っても十分楽しめます。皆さんもコキアにほっこり癒されに、見頃の時期にぜひ訪れてくださいね(b^ー゚)!

 

 

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA