浜離宮の菜の花2016年の見頃は?春爛漫な都会の庭園へ行こう!

春の訪れを感じさせてくれる甘い香りと黄色い可憐な花といえば菜の花ですが、緑の少ない都会の東京でも、菜の花畑の黄色いじゅうたんをじっくり鑑賞できるスポットがあるんです!

その本数なんと3千平方メートルの敷地に約30万本、都会の隠れたオアシス、浜離宮恩賜庭園(はまりきゅうおんしていえん)にありました。

浜離宮の菜の花

浜離宮庭園は菜の花の他にも、冬から春にかけては水仙や梅、春先には桜といった季節の花々を沢山見ることが出来ます。見頃はいつごろが一番ベストなんでしょうかね?

寒い冬、暖かい春が待ち遠しい季節ではありますが、そんな春待ちの皆さんにいち早く春を感じられるオススメスポットをご紹介します!

Sponsored Link


浜離宮の菜の花の見頃はいつ?

菜の花の見頃は大体毎年2月から3月になりますが、出来れば沢山のお花を鑑賞したいですよね!菜の花の見頃は2月から3月となっていますが、時期によっては4月の上旬まで見ることができます!

菜の花メインで行くとしたら例年だと3月上旬から中旬にかけて

梅の花も楽しむとしたら、2月下旬から3月上旬

桜の花と菜の花で楽しむなら3月下旬から4月上旬

がベストです!

梅の花は約130株、桜の花は110本ほどが植樹されています。

今年は暖冬なので、少し早まるかもしれませんので、公園の開花状況で随時写真がアップされていますので、確認してから予定を立ててみてはいかがでしょうか。

管理人は過去に何回か訪れていますが、3月上旬に訪れた際は梅と菜の花と水仙が見頃で、4月上旬に行った時は桜が満開で、菜の花もまだ咲いていて、大体いつ行っても綺麗な花々が満開で見応えがありました^^。

管理人が行った時の様子は最後のギャラリーでお楽しみください。

 

庭園にはベンチや休憩スポットが沢山あり、オフィス街にぽっかりと時間が止まったような空間が忙しい毎日を過ごす人々を優しく迎えてくれます。

水上バスもあり、日の出桟橋(東京タワー近く)や浅草への便が出ていますので、海と花のコラボレーションを船の上から眺めるのもオツな楽しみ方かもしれませんね。

 

 

 

 

開園時間と料金はいくら?

開園時間

  • 朝9時から17時(入園16時半まで)
  • 2016年 3月26日(土)から5月8日(日)までは
  • 朝9時から18時まで(入園は17時半まで)

入園料金 大人300円 65歳以上は150円

小学生以下と都内在学でお住まいの中学生は無料

アクセス 

  • 都営地下鉄大江戸線 築地市場駅または 徒歩10分
  • 都営地下鉄大江戸線・ゆりかもめ 汐留駅 から徒歩10分
  • JR浜松町駅から徒歩20分

駐車場 なし

お弁当類などの食べ物の持ち込みはOKだそうですが、アルコールの持ち込みと宴会は禁止だそうです。詳しくは公園のHPでご確認ください。

 

Sponsored Link

 

他に見どころはどこ?

浜離宮のお茶屋さん
Photo Credit: houroumono via Compfight cc

浜離宮は1654年に徳川綱重が江戸湾を埋め立てて屋敷を作ったのが始まりで、360年以上もの歴史のある庭園です。ここは明治維新後は皇室の離宮になり、名前が浜離宮になりました。

浜離宮には、都内で唯一、海水で造られた『潮入の池』があり、風情あふれる木造の橋が架けられています。その橋の中程にはお茶屋さんがあり、抹茶を楽しむ事が出来ます。

管理人も何度か通りかかりましたが、お花見の時期は行列が出来ており、中々入れませんでした^^;。お花見の時期でも午前中は比較的園内も空いているそうですので、もしお茶屋さんで江戸の情緒たっぷりの時間を過ごすとしたらこの時間に行ってみてはいかがでしょうか。

徳川家が江戸時代に植樹した三百年の松は、何でも都内最大の黒松だそうです。こちらも行ったら要チェックですね(゚ー゚*)b!

 

 

浜離宮ギャラリー

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。忙しい毎日、この東京にもほっとお花を見てくつろげるスポット、浜離宮は、疲れた現代人の憩いの場になっております。

のんびり一人で散歩に出かけるのはもちろん、友達や家族、恋人とデートスポットとしてもおすすめです。外国人の観光スポットとしても近年人気になっており、もし観光案内で迷っていたら是非一度訪れてみてくださいね^^!

きっと一生懸命咲く花々があなたの心を癒やしてくれるに違いありません。

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA