自律神経は季節の変わり目にご注意を!秋バテ解消の秘訣とは

年々夏も猛暑を越えて酷暑といえるほど過酷な環境となりつつある日本ですが、夏から秋に変わる季節の変わり目には自律神経が乱れやすくなります。

近年は秋バテなんて言葉があるように、9月や10月の季節の変わり目の時期は夏の間に蓄積した疲れや気温差による体調不良など、自律神経が乱れたことによる不定愁訴に悩まされる季節。

バテてるオットセイ

毎年怠くて、うだうだしているうちに秋が終わってしまったなんていうことになってたら何か勿体無いですよね!

対策があるなら原因をしっかり突き止めて、元気に秋を迎えたいところです。今回は、秋バテで自律神経が乱れた時の対処法を詳しくご紹介致します!

Sponsored Link


自律神経が乱れるとどうなるの?

不調な女性

自律神経とは発汗や呼吸や循環器系、代謝といった体の機能を正常に保つ働きを司っている神経で、交感神経と副交感神経があります。

人体は自分で意識していなくても、体の機能を正常に保つ為に24時間絶え間なく働いています。その指令党になっているのが自律神経です。

昼間や、体をアクティブに動かしている時は交感神経が優位に働いて、寝ている時やリラックスしている時は副交感神経が優位に働くことで、交互に活動して上手く体の機能が働くように調節されています。

しかし、ストレスを抱えていたり、不規則な生活、急激気温の変化など、交感神経と副交感神経の切り替えが上手く出来ないと、自律神経が乱れて体に様々な不調をきたしてしまいます。

季節の変わり目である秋の始めにも、体が怠い、食欲がわかない、イマイチすっきりしないなどの不調が出てくる秋バテも、自律神経の乱れからくるものと言われています。

 

秋バテの主な症状とは?

コスモス

秋バテには医者に行くほどでもないけど『何だか怠い、疲れが抜けない』といったような不定愁訴と体調が優れない不調が出てきます。

  • 睡眠を十分に取っても体が怠い
  • 日中の頭がボーっとしてすっきりしない
  • 食欲がわかない
  • お腹の調子が良くない(便秘や下痢)
  • 疲れやすい、めまいなどがある
  • 夜中々寝付けない

秋バテなんて言葉は近年聞くようになりましたが、年々日本も暑さが耐え難いくらいに気温が上昇して、夏と秋との寒暖差が年々大きくなっているからかもしれません。

夏の間もエアコンと外気の暑さで、体がまいって夏バテになってしまうように、体温を一定に保つためために、自律神経はフル稼働しています。

やっと夏の暑さにも慣れてきたという状態に、昼夜の寒暖差と、気候の変動が大きくなる秋は、体にも大きな負荷がかかってしまいます。

女心と秋の空なんて言うように、低気圧が日本列島の上空を覆い、秋雨や台風なども多くなると、空気も薄くなります。普通に呼吸していても、酸素不足になり、頭痛や倦怠感の原因にも。

さらに低気圧の時には自律神経にも影響を及ぼし、リラックス時に優位になる副交感神経が活発に働くので、血圧も低下してしまうため、何となくすっきりしない状態の原因にもなります。

色々と気候の変化や夏の疲れもあいまって体調に変調をきたしてしまいます。そうなる前に出来ることは予防対策を取っておきたい所ですね!

詳しく見て行きましょう!

 

秋バテを予防するには何が有効?

自律神経をしっかり機能させるためには十分な休息も必要ですが、

秋バテの予防には
  • 体を冷やさない対策
  • 適度な運動
  • 栄養が偏らない食事
  • 入浴
  • スケジュールを詰め込み過ぎない
  • ストレスを貯めこまない

ことが重要なポイントになっていきます。

 

体を冷やさない

つい昼間が暑いので、冷たい飲み物や食べ物が続いてしまったり、夜も涼しい格好で過ごしてしまったりと、『冷え』によって代謝が落ち、血の巡りが悪くなっている場合があります。

血の巡りが悪くなると、乳酸などの疲労物質が筋肉に溜まりやすくなり、疲れが抜けない、肩こり、怠いなどといったような不定愁訴の原因に。若い時は大丈夫でも、年齢と共に代謝も落ちてきますので、出来るだけ意識して

  • 温かいものを飲む
  • 着るものを調節して寒暖差に備える
  • 寝る時は冷えないように腹巻きなども使って内臓を温める

ことを心がけましょう!体温が一度下がると免疫力は30%落ちてしまうそうですので、体を冷やさない工夫が大事ですね。

起きがけや昼食、夕食前に40〜50度くらいの白湯を飲むと解毒作用や免疫力の向上、体を温めて冷え性、便秘などの改善にも良いそうです。

Sponsored Link
適度な運動

近年は夏の間は暑すぎて、熱中症の恐れもあるため運動するにも危険という状況になりつつあり、あまり動かないという方も多いと思われます。

運動不足によって体が硬くなって新陳代謝も落ちてしまうと、疲れも抜けにくくなってしまいます。

涼しくなる秋は、無理のない程度にウォーキングや一日20〜30分程度の軽い運動をすることで、汗をかいたり筋肉がほぐされることによって体の機能が活発にしておきましょう!

 

栄養が偏らない食事

食欲が落ちている時期、食事も軽く済ませてしまう生活が続くと、栄養不足になって、体内に必要な栄養素が取り込めなかったり、昼間の暑い時期に汗をかいてミネラルやビタミン、水分が失われている状態が続くと、体の機能が低下してしまいます。

秋に旬を迎えるキノコ、根菜類には疲労回復効果のあるビタミンBや果物や、ビタミンC、ブドウ糖などが豊富です。食物繊維も老廃物の排出を促して腸内環境を正常に保ってくれるので、野菜や果物を沢山取り入れた食生活を心掛けるといいですよ!

さらには体を温める生姜スープ、血液や筋肉の栄養源のタンパク質が豊富なヨーグルトや豚肉なども疲れた体には嬉しい食材ですので、積極的に取り入れるといいです。

 

入浴で新陳代謝アップと疲労回復

お風呂に入ると体を温めるのと、汗をかくのでデトックス効果、さらにはリラックス効果があり、疲労回復と自律神経の回復に大きな効果があります。

リラックスする事で、副交感神経が優位に働き、疲れが取れやすくなり、さらには温めることで、血の巡りがよくなるので、免疫力も上昇します。

この時期は特に半身浴やぬるめのお湯に使って、あまり体に負担をかけないように気をつけて、ゆっくりお風呂に浸かる時間を作って体を労ってあげましょう!

 

スケジュールを詰め込み過ぎない

9月は学校が始まったり、会社も移動や転職の時期などで、職場環境も変わったりする時期で、多忙で休日の予定もビッチリなんて方も多いかと思います。

多忙によって休む暇がないと、交感神経ばかり活発になって、リラックスして疲労回復する暇がなくなってしまいます。この時期は、体調を優先して、休日は意識して休む日を作り、多忙を極めないように調整しましょう!

 

ストレスを貯めこまない

ストレスと自律神経は密接な関わりがあり、ストレスが多い状態が続くと、交感神経が高ぶっている状態がずっと続くので、夜眠れない、寝ても体が休まらない、疲れやすいなどの症状が出てきてしまいます。

これ秋バテに限らず、年中気をつけたいことですが、ストレスは私達の想像以上に体に負担をかけてしまい、様々な病気の原因になったり、自律神経失調症に繋がってしまう事もあります。

カラオケで大声を出すでも、自然の多い所へ出かけるでも、温泉に行くでも何でもいいので、ストレスをその都度発散できる機会を作って、貯めこまないようにしましょう!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

管理人は既に夏バテ気味で、秋バテにもなりそうな予感がぷんぷんします。。。というか、最近の日本の夏は過酷すぎでしょ|壁|ヽ(´Д`◎)!!という感じです。。

少し色々気をつけるだけでも、体調が悪化せずに済むこともありますので、元気に秋を堪能するためにも、季節の変わり目、秋バテの自律神経のコントロールを上手く調節して、楽しく元気に過ごしてくださいね!

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA