船橋港親水公園の花火大会2017!穴場や場所取りはどこがオススメ?

夏の風物詩といえば花火大会!都市圏の花火大会は人出ももっぱら多く、渋滞や人混みで行くだけで疲れてしまいますね。

出来れば大混雑は避けてゆっくり見たいですよね><!そんな花火大会は都心から少し離れた所がオススメ!

船橋港親水公園花火大会2017

管理人が穴場で一押しなのが「船橋港親水公園の花火大会」です!こちらの花火大会は、最新のデジタル技術を駆使した音楽連動花火というもので、音楽に合わせて花火がリズミカルに上がり、音と花火のハーモニーを楽しむことができます。

約一万発と、見応えもバッチリありますので、予定が合ったらぜひ足を運んでみて下さい。今回は、どこらへんで見るとベストスポットか、穴場や場所取りの情報について詳しくお届けいたします!

Sponsored Link


船橋港親水公園花火大会2017の日程や場所は?

  • 日程:平成29年8月2日(水)
  • 入場料:無料
  • 有料席:親水公園会場(600席:前売り400席、当日200席)漁港会場(900席:前売り700席、当日200席)7月3日午前10時よりチケットぴあにて前売り発売(予定枚数になり次第販売終了)
  • 打ち上げ数:8500発(2014年度)
  • 時間:19時30分〜
  • 来場者数:約8万2千人(2014年度)
  • 駐車場:なし(混雑のため車での来場は不可、会場周辺では交通規制があります。)
  • 会場:船橋港親水公園
  • アクセス:JR南船橋駅・京成電鉄 京成大神宮下から徒歩10分、JR船橋駅から徒歩25分
  • お問合せ:TEL:047-436-2473 ふなばし市民まつり実行委員会事務局

※荒天の際は変更あり、少雨決行。予備日8/3日(木)。

※有料席の当日券は8月2日(水)12時から各開場にて販売。※詳しくは公式HPや、お問い合わせにてご確認ください。

南船橋から親水公園までの案内図

 

オススメの観覧場所はどこらへん?場所取りって出来る?

花火を楽しむカップル

正式な会場は、二箇所あり、船橋港親水公園内と、船橋漁港です。有料の観覧席も設けられています。有料席は1500席で、当日400席・前売り1100席程で買えます。

当日券は正午から販売となっていますが、午前中から並ばないと買えなそうですね^^;。もしお時間があって、買いに行けそうでしたら、事前にゲットするか、有料席もおすすめですよ!

有料席以外で一番よく見えるのは、やはり親水公園の敷地内、花火が上がる真正面です。対岸の漁港は、屋台などの露店が出ていますが、観覧場所が少し遠いため、ちょっと見えにくい所もあるそうで、公園側に比べると、見える場所が少ないらしいです。

場所取りは公園内は正午までは禁止になっており、朝早く場所取りをしておいても、撤去されてしまうそうです。

ですので、正午過ぎを狙って公園内に場所取りに行くと、ベストスポットで見ることが出来そうですね。

公園内は、夕方にはいっぱいになってしまうそうなので、場所取りを狙っていくとしたら、3〜4時間前までには現地に行って場所を確保しておいた方が良さそうです。

Sponsored Link

ららぽーとやIKEAの屋上は?

公園のすぐとなりにある「ららぽーとTOKYOBAY」のP1、P2の屋上駐車場は、当日の午後4時から一般の観覧エリアとして開放されます。

小学生以下のお子様が対象の、ららぽーとキッズクラブに入会していると、P5駐車場の特別観覧スペースを利用することが出来るそうですので要チェックですよ!

ただし当日は周辺に交通規制がかかっており、大変な混雑も予想されますので、車で行くのはあまりオススメいたしません。

花火大会当日は、P1、P2,P8、P10の駐車場が通常通り駐車できるそうですが、朝早くから行かないと入れなそうですね。

場所取りも早くから行かないといっぱいになってそうです。

ららぽーとの屋上?の花火大会の様子がアップされていましたのでご紹介いたします。皆さんけっこう前から場所取りされてる感じですね。

ららぽーとの斜め後ろにある、IKEA船橋の5F屋上駐車場も当日無料開放されます。しかしこちらには看板や高い壁があるそうで、場所によって見え辛かったり、花火の下の方は中々見えないんだとか。。

場所によっては、高い所から見るので、全景がよく見えますが、遠いという事もあり、メリットとしては、お子さんのトイレの利用など、待たずにすぐ入れるという所でしょうか。

 

 

行く時間がギリギリになってしまったら…?

花火会場である親水公園の裏にある地上のららぽーとの駐車場のP6、P7駐車場(上の地図の赤丸の駐車場)も一般観覧の会場になっています。そしてここら辺は一時間前位になっても、割りと余裕がありました。

ですので、到着がギリギリになってしまった場合は、こちらの駐車場の会場がオススメです!以前行った際は、この駐車場から観覧していました^^;。

管理人がその時に撮影した映像がこちら↓です(画像がブレブレでスミマセン…汗)。公園内や屋上からのように、下の方までは見れませんでしたが、真正面から間近で見れる花火は圧巻!でした。

私のように、フラッと花火見に来たよ〜という人でも、こちらの会場ではガッツリ見ることが出来ますので会場に来たらここを目指してみて下さい!

ゆっくり観たい派は必見!有料席も余裕があったらおすすめ!

管理人は2015年の船橋花火大会はチケットぴあをチェックしていたら、有料席がまだ買えたのでゲットしましたよ!花火では初の有料席でしたが、やはり打ち上げ場所から上がる花火を見るのはとても感動ものです。

ご家族・友人・恋人とゆっくりと観たい方・また花火マニア(?)の方も障害物がなく花火を堪能することができますので、もし余裕があったらチケットをゲットして有料席で楽しんでくださいね(*^ー゚)b!

↓こちらが実際に管理人が撮影した船橋港親水公園会場側の有料席会場からの打ち上げ花火になります。(こちらも画像がブレブレで申し訳ありません・・m(_ _)m)有料席は公園側と漁港側の会場があり、漁港側はやや打ち上げ場所から遠いため、またはちょっと見えづらいのか、料金がお安くなっています。

会場ではパイプ椅子が用意されており、トイレも近いので、小さなお子さんがいるご家族の方も安心してゆっくり見ることができますよ!

まとめ

都心の花火大会は場所取りも激戦ですし、観に行ったとしても人・人・人!なので、観に行くのもけっこう気合が要ります。

しかし少し都心から離れた所の花火大会は、高い建物も無く、よく見えるスポットが沢山あったりするので、こちらの花火大会は、ゆっくり楽しみたい人はオススメですよ〜!

はやり夏は一回は花火大会で納涼の夜を過ごすのもいいですよね。時間帯によって、観覧スポットを狙い定めて、花火大会で大切な人との素敵な夏の思い出の1ページを飾って下さい^^♪

 

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA