脳疲労の回復方法にいいのはサプリ?食べ物?脳が一番欲しい物とは!

筋肉を使いすぎて筋肉痛になるように、脳も考えごとをしたり、液晶画面の見過ぎなどで、脳疲労という症状を発症してしまうことがあります。

筋肉痛には入浴などが有効ですが、脳疲労の回復方法ってどんなものがあるんでしょうかね?

野菜

私達人間のはその能力を1割も使ってないなんてよく聞きますが、これは脳についてよく分かってなかった時代に広まっていたデマで、実は今の世の中、現代人はとっても脳をフル回転させて酷使しているんです!

パソコン、スマホ、ゲーム…。今や現代人を蝕んでいる慢性的な眼精疲労。目から入ってきた情報を脳は常に処理をしているため、脳は疲弊してしまい、今は多くの人が脳疲労に陥っているそうです。

今や小学生もゲームのし過ぎで怒りっぽくなったり、頭痛持ちになってしまい、脳疲労を訴える子が多くなっているそうですよ!

ちょっとした不調もその都度回復しておかないと、重大な病気に発展しかねません。今回は、脳疲労の簡単に出来る回復方法について詳しくお届けします。

Sponsored Link


脳疲労に効く回復方法って?

前回脳疲労の原因と症状は?でお伝えしましたように、脳疲労と直接関係が深いのは

  • 頭が熱くなる
  • 眼精疲労
  • ストレス
  • 肝臓の疲労

が主に脳疲労の原因です。なので、有効な対策としては、

  • 肝臓や脳をいたわる食生活
  • 頭を冷やす、眼精疲労を取る
  • パソコン・スマホを見ない日を作る
  • 睡眠をしっかりとる
  • 運動をする
  • ストレスをためない、解消法を作る

を心がけるようにしましょう!具体的な対策方法を見て行きましょう!

 

脳疲労に効く栄養素って??

脳エネルギー源はブドウ糖なので、疲れた時は糖分を補給するといいなんて言われています。

通訳の仕事をしている人は15分ごとに糖分を摂取しないと低血糖になってしまい、チョコレートなどをいつも必携しているなんて聞きますし、将棋の名人が長期戦になるとおやつタイムがあるなんて話もあります。

確かにこれから大事な試験とか、脳をフル回転しないといけない時に限って、脳に栄養を一気に送れる糖分を摂ることは有効です。

しかし、疲れを取るには甘いものを食べるだけでは効果がありません。

糖分を血液に乗せて脳に送る司令塔になっているのが肝臓なんです。肝臓も働き続けると、疲労を起こしてしまいます。

なので、根本的には甘いものではなく、肝臓や脳、疲労回復に良い食べ物や栄養素を摂取しましょう!

 

脳疲労の栄養補給にはサプリを摂ると有効?

サプリメント

サプリメントは忙しい現代人が不足しがちな栄養素を手軽に補えます。

しかし、栄養素の働きは複雑で、単体のみを摂り続けることによって、他の栄養素の吸収が悪くなったり、同じ栄養を過剰に取ることで、副作用を起こす場合があります。

例えばビタミンのサプリメントは体内で亜鉛と結合して、吸収を活性化します。しかしビタミンを摂り過ぎると、体内の亜鉛が銅のミネラルを吸収しながら働いているので、貧血になってしまうことが懸念されます。

他にもミネラルは、少量でも体内で大きな働きをしてくれますが、こちらも摂り過ぎると、

ミネラル過剰症

という、骨や歯がもろくなったり、腎臓病や脳卒中のリスクも高まります。

なので出来ればサプリを飲むよりは、まんべんなく適度な栄養を体内に取り込める、自然の栄養素である食べ物から栄養を摂ることをオススメします!

サプリを飲む時ははあくまでも食事がちゃんと摂れなかった時などの非常用として、補助的に摂るようにするといいですよ。

食べ物の栄養素でどんなものが体に良いのか知って、食習慣を見直すことで、あらゆる健康維持にも効果がありますので、食習慣の見直しは手っ取り早く健康を取り戻せる万能の治療法になります。

疲労回復や脳疲労、肝臓によい栄養素ってどんなのがあるんでしょうかね?詳しくご紹介します。

 

疲労回復に良い栄養素
  • タンパク質・・・豚肉、鶏肉、魚、卵、大豆など
  • ビタミン・ミネラル・・・野菜、果物、海藻類
  • カルシウム・・・小魚や乳製品、葉物野菜など
  • マグネシウム・・・海藻、大豆、貝類など
  • ビタミンB1・・・豚肉、大豆、鮭など
  • クエン酸・・・レモン、梅干し、黒酢など
  • ビタミンC・・・柑橘系果物、緑黄色野菜など
  • パントテン酸・・・レバー、はちみつなど

疲労回復には糖分や炭水化物、脂肪など、高カロリーの栄養を控えて、血や肉を作ってくれるタンパク質、野菜や海藻、果物などから、適度なビタミンやクエン酸など、疲労回復に効果のある栄養を摂るようにしましょう。

 

肝臓に良い栄養素
  • しじみ・・・しじみなどに多く入っているオルニチンが良いというのは有名ですが、タウリンやオアニンなどの、肝臓や胆汁などの機能回復に有効な成分が含まれている。
  • 大豆・・・肝機能障害を正常に戻してくれる脂肪分を分解するサポニンという物質が多く含まれているので、しじみのお味噌汁は肝臓に最適なメニューかもしれません。
  • レバー・・・良質なタンパク質で、弱った肝細胞を復活させてくれます。さらに鉄分、ビタミン群、葉酸も豊富なので、疲れた体に滋養強壮効果があります。
  • ホタテ・・・アラニンという肝臓のエネルギー源になる栄養素がいっぱい。
  • イカ・タコ・カキ・・・タウリンという中性脂肪などを排出して、肝機能の働きがよくなる物質が多い。
  • 海藻類・・・昆布やわかめ、もずくなどに含まれるフコダインという栄養は、肝細胞を増やし、肝機能を活性化してくれます。
  • バナナ、とうもろこし、かいわれ大根・・・抗酸化作用や免疫を高めてくれるメラトニンが豊富。
  • 梅・・・疲労回復、殺菌抗菌などに良いクエン酸やピクリン酸などが豊富で、ビタミンも沢山入っているので、梅肉エキスなどは肝機能回復に効果があります。

肝臓は食べ過ぎや飲み過ぎ、脂っこいものに弱く、食生活などが乱れると疲労してしまいます。肝臓に良いとされているもので有名なのが上記の食材です。

 

 

脳に良い栄養素
  •  大豆・・・多く含まれているレシチンは、記憶力が向上するそうです。
  • チョコレート・・・抗酸化作用のあるポリフェノール、集中力が高まるテオブロミンが多く含まれています。ビターチョコが効果的。
  • 青魚・・・記憶力が向上するDHAやEPAが豊富です。
  • ピーナッツやアーモンドなど・・・神経の働きがよくなるレシチンが豊富です。物忘れ防止にも効果的!
  • ブルーベリーやいちご・・・抗酸化物質やビタミンが豊富な栄養素が脳の老化を防いでくれます。

脳のエネルギー元はブドウ糖ですが、脳を活性化するには色々な栄養素が必要になってきます。頭を良くするには魚を食べよう!なんて、昔から良くいわれていますね。

 

脳疲労回復に有効な対処法

脳疲労には栄養を摂る以外に様々な対処法があります。休息をしっかり取ることも大事なので、疲れた時は無理せず休みましょう!

 

頭を冷やし、目を休ませる

疲れ目

目を酷使したり、頭を使ったな〜という時は、頭を冷やすのが効果的です。脳は考えすぎたり、目から入った情報を常に処理しなければいけない状態が続くと、熱くなってしまい、正常な判断に支障がきたしてしまいます。

  • 頭が冴えない
  • ぼーっとする
  • 物忘れが酷くなった

と感じた時は、アイスノンや、冷えピタなど、おでこや頭のてっぺんを冷やす処置をすることで、脳の働きが休まり、働きが元に戻ってきます。

さらに、意図的にスマホやPC、ゲームをやらない日を作って、目を休ませてあげましょう。蒸しタオルでアイマスクをしてもいいですし、マッサージをすると更に効果が期待できます!

 

濡らしたタオルをレンジで30秒程チン!して、首や目の上にあてるホットタオルは脳や目の疲れの解消にもかなり効果的です。

 

脳疲労に効果的なマッサージと運動

体操

脳を使いすぎた時は、脳で疲労物質である活性酸素が大量に発生しています。この活性酸素が増えすぎたことで、細胞が傷つき、脳が酸素不足の状態になっています。

よく疲れた時にため息が出るのは、本能的に呼吸を大きくすることで、酸素不足を解消しようとしているんですね。

なので、疲れた時は深呼吸をこまめにとることが効果的です!

それから力を抜いて、床から10cm程浮き上がるくらいの軽いジャンプを50回から100回くらい続けて飛ぶことで、脳に酸素が届く呼吸が出来て、頭をスッキリさせることができます。

軽いストレッチやウォーキングなども脳に新鮮な酸素を送り込めるので効果があります。

 

Sponsored Link

ストレス解消

ストレス解消には色々な方法があります。思いっきり泣く、怒る、笑う、カラオケなどで大声を出す、睡眠、音楽を聞くなど、感情を開放して、溜まっているストレスを自分なりに発散出来る方法を見つけてみて下さい。

ストレスが原因でよく眠れないという場合は、プライベートな時間はなるべく仕事のことや身の回りの不安な事を忘れるようにして、リラックス出来る音楽などで自分の時間をもてるようにするといいですよ!

森林浴や海などに行って、自然に触れて日頃の喧騒を忘れる時間を持っても◎!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

脳が一番欲しい物、それは「休養」そして二番目は適切な「栄養」かもしれません。

今や小学生も脳疲労してしまうくらい目や脳を酷使している現代人。知らないうちに疲れがたまってしまっています。

疲れが取れない、休みたい、そう感じた時は、無理せず休養と栄養をとって、自分の体を労ることが大事ですね!

 

あわせて読みたい記事

脳疲労の原因と症状とは?辛い疲れが抜けないのは脳のせい?! 

Sponsored Link

2件のコメント

  • 愛知出身男性40台

    私は2年前に脳疲労により仕事が出来なくなりわずかばかりの収入と貯金を切り崩して生活しています。
    医者からはとにかく脳を休めろ、ストレスがないようにと言われており、色々と調べたところ現在のところ有効な治療法はありません。
    具体的には人の声を聞いたり歩いたり読み書きしたりするとすぐに頭がきつくなります。
    A4半分読むのも、ラジオを1分聴くのも、10m歩くのもくらーっと来ます。
    ほぼ常に眠い状態で上記のように少し頭を使うだけで軽い頭痛と微熱がでます。
    こうならないように早期の回復をお勧めします。

    • kamome

      貴重なご意見を頂きまして、誠にありがとうございます!管理人のkamomeです。

      私も脳疲労のような状態になった時は、とにかくPCやスマホなどの電子機器を
      しばらく見ない生活をしておりました。
      頭皮がカチカチになっていたので、セルフで頭皮マッサージをしてみたり、
      ビタミン(柑橘類)やクエン酸などの酸っぱいものを食事に取り入れたり
      公園を歩いて軽い運動をしたり、週に一回温泉施設に通ってマッサージやサウナなど、
      体を温めて血行をよくして、睡眠を十分に取るように気をつけたら何とか回復しました。

      とにかくリラックスできる状況を作って栄養をしっかり摂り、体を休めることがいいのかなと思います。

      どうぞ早く快方に向かいますよう、お体をお大事に、ご自愛の上お過ごしくださいませ。

コメントを残す




CAPTCHA