映画の予告編の曲がカッコイイ!! 欧米で超絶人気のサントラ日本上陸

ハリウッド映画の予告編などに使われているあの壮大なオーケストラの曲ですが、超カッコイイですよね!

実はあの曲は、映画の作曲家が作っているわけではなく、映画の予告編専門の音楽制作会社によって作られているんだそうです。何か言われてみれば、ハリウッド映画の予告編の曲って、雰囲気が似てますよね。

中でもとりわけ人気なのが『Two Steps From Hell』いうLAの音楽制作会社。あの『ハリーポッター』や『パイレーツオブカリビアン』、最近公開された映画では『インターステラ−』などの予告編を手がけたそうです。

Two Steps From Hellさんの公式YouTubeチャンネルより

そんな名だたるハリウッド映画のトレーラーを飾ってきた彼らのベスト盤『Legacy』が日本独自企画で初登場!2015年の1月28日に新発売となりました。

アメリカのiTunesのクラシック部門では爆発的に人気になっており、YouTubeでは軒並み300万再生超えが多数出現しているフィーバーぶり。

映画の予告編とあって、わずか2分足らずでヴォルテージがMAXになってしまう荘厳な音楽構成には圧巻の一言です。

Sponsored Link


 『Two Steps From Hell』とは

2006年に設立された、アメリカのロサンゼルスに拠点を構える、映画の予告編のBGMを中心に制作している会社。イギリスの作曲家ニック・フェニックスと、ノルウェーの作曲家、トーマス・バーガーセンが中心となって活動しています。

映画の予告編とあって、2〜3分の中に壮大でドラマチックなオーケストラを奏で、そのサウンドはハリウッド超大作にふさわしい仕上りになっております。

楽曲はなんとすべてシンセサイザーによるもので、生のオーケストラやコーラスは一切使用してないんだそうです!

しかしわずか数分でボルテージがMAXになってしまう曲構成の超絶技巧には、多くのファンの心を掴んで離しません。

冒頭の『Heart of Courage』という曲は、発売された『Legacy』にも収録されておりますが、こちらはフェラーリのFerrari FFという車種のプロモーションに使われた曲。

訳すと「勇気の心」というカッチョいいタイトルですが、何だか曲だけ聞くと、壮大なスペクタクル映画で、人類を脅かす存在との最終決戦の前に、主人公である勇者の新たなる決意ってな感じの曲ですよね。

実際は車がかっこ良く滑走しているシーンがひたすら続いているプロモーションに使われていました。

Sponsored Link

 

「コレ、知ってる!見た!」手がけたハリウッド映画は数知れず

Two Steps From Hell – Super Strength (Invincible)

こちらはInvincibleというアルバム(輸入盤)に入っている曲です。

目を閉じて聞いてみると、恐ろしい怪物が迫ってきそうな緊張感に溢れた壮大なファンタジーのような情景が浮かんできて、ちょっと手に汗にぎってしまい、ドキドキしちゃう仕上がりですよね。

 

実はこの曲は、PIXARのアニメーション映画、『ウォーリー』の映画の予告編に使われた曲だったんです!管理人もこの映画めっちゃ大好きでしたよ(T∇T)

実際の予告編はこちら↓ 1:31あたりからこの曲が流れてきます。

その他にも映画の予告編に使われていた曲は数々ありますので、興味があったら公式ホームページで試聴できますので、見てみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

映画館に行って、始まる前に15分位色々な映画の予告編が見れますが、壮大なスケールで、凄い演出だなあといつも圧倒されますが、さらにシンセのみで作られた音楽だったとは驚きです!

なんとなく見ていた予告編ですが、その音楽を専門にしている会社があって、緊張感あふれる音楽を演出しているんだと思うと、また違った見方ができますね。

映画館に行った時は、映画の予告編の音楽も注意深く聞いてみると面白い発見があるかもしれません!

Two Steps From Hellホームページ&YouTubeチャンネル
http://www.twostepsfromhell.com/
https://www.youtube.com/channel/UC3swwxiALG5c0Tvom83tPGg

Sponsored Link

コメントを残す




CAPTCHA